Japan VR Summit Nagoya 2017

Japan VR Summit Nagoya 2017

Japan VR Summit Nagoya 2017は無事終了しました。当日は約180名もの参加者に来場いただき大盛況で終えることができました。ご来場くださった皆さま、協賛および出展企業の皆さま、誠にありがとうございました。

News

開催レポートを公開しました。

Japan VR Summit Nagoya 2017、終了しました。ご来場ありがとうございました!

Vision

数十年前にコンピュータテクノロジが登場したことで人類の知的活動は一変し、そしてこの10年でモバイルインターネットの進化は数十億人の生活を大きく変えてきました。
そして2016年、次のプラットフォームとしてのVR技術が本格的に普及すると見込まれています。VRは人間とコンピュータの関係性をさらに緊密なものにし、まだ見ぬ様々な革新的なサービスが生まれていくでしょう。

Japan VR Summitはそのような未来を自らの手で切り拓こうと考えるリーダーたちが集い、繋がり、新たな市場を共創する場です。
この場がきっかけとなり、人類に新たな地平をもたらすプロダクトやビジネスが生まれることを期待しています。

Access

名古屋国際会議場 白鳥ホール・イベントホール
名古屋市熱田区熱田西町1番1号
会場マップ:名古屋国際会議場の入り口から入り、すぐ右側がイベントホールで右奥が白鳥ホールです。

Programs

Premium Session5月30日(火)

白鳥ホール

受付開始
-
開会挨拶
-
SessionVR2.0の世界

本講演では、VR技術のこれまでについて解説したうえで、今回注目を集めている新世代VRであるVR2.0はどこが違うのかについて紹介します。そしてこの技術が今後どう進化し、どうわれわれの考え方や産業や社会に影響を与えていくのかについて、いろいろな角度から考えていきたいと思います。

Speaker
廣瀬 通孝
東京大学大学院
情報理工学系研究科
知能機械情報学専攻
教授
-
Sessionこれが世界だ!VR/AR × 製造業の最新事例

日本ではあまり知られていませんが、シリコンバレーではVRヘッドセットだけでなく、Atheer、ODG、Meta、DAQRI等のARグラスメーカーが積極的に製造業へのビジネス展開を行っています。現在、市場にあるプロダクト、技術を俯瞰すると共に製造業への最新事例を紹介予定です。

Speaker
筒井 鉄平
GREE VR Capital, LLC.
CEO and Managing Director
-
お昼休憩(軽食あり)
-
Session都市開発デベロッパーが考える都市と車とVRの使い方

車づくりの視点から都市を視るか?都市づくりの視点から都市を視るか?エンジニア達は自分の世界中心の視点から語りがちです。未来の街づくりを常に考えている森ビルでは長い間、一緒に考えるパートナーとして自動車会社様と研究をご一緒させていただきました。そして両者の視点を共有するにはVRが有効であることを知りました。そしてVRを制作するときに大事な事はシナリオだと経験しました。今回はデベロッパーの森ビルが20年前から取り組んで自前の開発をしたVR技術とVRを使いこなす為のシナリオの作り方の実例を紹介いたします。

Speaker
矢部 俊男
森ビル株式会社
都市開発本部 計画企画部 メディア企画部
部長
-
SessionMixed Realityで働き易い工場を作る ― 大規模3Dモデルによる検証の実際

トヨタ自動車では、組付け性や保全性の作業負担の観点で、物がないタイミングで軽量3DのXVL技術とMixed Realityを用いて、工場現場作業者が設備や配置の評価を行っています。この結果、設備製作のやり直し削減と『より働き易い工場作り』に貢献しています。

Speaker
榊原 恒明
トヨタ自動車株式会社
エンジニアリングIT部
主幹
Speaker
鳥谷 浩志
ラティス・テクノロジー株式会社
代表取締役社長
-
Session安全教育へのVRの展開と普及に向けた取り組み~デジタルで災害を無くす~

安全教育へのVR導入の背景や社内・社外の反響、教育による効果についてを紹介します。また、利用にあたっての課題や注意点、改善点を紹介します。 最後にVRビジネス展開の普及に向けた取り組みとして現状と今後についてをお話しします。

Speaker
竹川 徳雄
株式会社明電舎
常務執行役員
-
SessionMR技術を活用した流体解析シミュレーションの3D体感システム

建築業界における空調設備の温度・気流速・圧力・濃度の数値流体シミュレーション(CFD)とMixed Reality(MR)を活用した手法と事例のご紹介です。オフィスや病室、自動車シャシーダイナモ試験室といった実際の空間にシミュレーション結果を表現させます。

Speaker
福森 幹太
三機工業株式会社
技術研究所 建築設備開発部 建築設備2グループ
マネージャー
-
Session四輪車開発・生産準備におけるヴァーチャルリアリティ活用状況

VE(Virtual Engineering)環境と設備を用いた開発・ものづくりの一例として「四輪車開発・生産準備におけるヴァーチャルリアリティ活用状況」を、生産現場導入、データ構築等の説明と大画面/没入型VRの使い分けも合わせて説明します。

Speaker
西川 活
株式会社本田技術研究所
四輪R&Dセンター 鈴鹿分室 開発推進BL
主任研究員
-
ネットワーキング パーティ

※ 有料のセッションとなります。

※ セッションタイトル・登壇者は、予告なく変更となる場合がございます。

※ お昼休憩・ネットワーキングパーティは、お食事 / ドリンクをご用意しての懇親会となります。

Sponsors Session5月31日(水)

イベントホール

- D会場
HoloLensで広がるビジネスシーン

VR/ARはゲームを中心に考えられることが多いのですが、昨今はあらゆる産業に広がりを見せています。
ARデバイス「HoloLens」はむしろビジネスにこそ発揮します。
CADデータをクラウド経由でHoloLensに表示する「AR CAD Cloud」の事例を 紹介することで、VR/ARがどのようにビジネスに利用できるかをお話ししていきます。

Speaker
伊藤 周
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社
エバンジェリスト
- A会場
国内外の製造業におけるHTC Viveの活用事例紹介

HTC Viveは360度の視野で歩き回ることのできるフルプレゼンス体験を特徴としたVR製品です。この特徴を生かした製造業での活用事例をご紹介いたします。デザインレビューなど、国内外での具体的な利用シーンを交え最新のトレンドをご説明いたします。

Speaker
西川 美優
HTC Corporation
Director, Sales Operation, VIVE JAPAN

※ 無料のセッションとなります。(要セミナー事前登録。事前登録無しの場合、当日入場料が必要になります。)

※ Premium Sessionとは別途お申し込みが必要です。

JVRS Show Case5月30日(火)〜 5月31日(水)

イベントホール -

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社ブース番号:801
UnityとHoloLensとクラウドの連携による3Dソリューション「AR CAD Cloud」

UnityとHoloLensを使えば現実空間にCADデータを重ねて見ることができます。ただ3Dアプリ開発は難しいとお感じではないでしょうか。「AR CAD Cloud」を使えば誰でも簡単にCADデータをHoloLensで確認が可能になります。ブースではHoloLensデモ体験も実施する予定です。

株式会社アルファコード(旧 株式会社UEIソリューションズ)ブース番号:802
超高精細8KVR動画ソリューションパッケージVRider(ブイライダー)をデモ出展します!

VRider(ブイライダー)はHTC ViveやPlayStation®VRといったヘッドマウントディスプレイに対応した、最大8KのVR動画コンテンツを企画・撮影・編集・エンコード・再生環境構築まで をワンストップで提供することができるソリューションパッケージです。会場では実機デモを行いますので、ぜひ弊社ブースへお越しください。

豊田ハイシステム株式会社ブース番号:803
【VR×就職活動】働く場所をVRを通して、就職活動生に見せてみませんか??

豊田自動織機の子会社である当社から新たなサービスとして、就職活動生向けにオフィスや働く場所をVRで紹介するVR動画制作サービス「VRオフィス見学」をご紹介します。
VRオフィス見学で制作した動画は、有名な大学の近郊にある「知るカフェ」にて公開することができ、VR動画を最大限に活用できます。

HTC Corporationブース番号:804
設計/製造の世界で生かされるHTC ViveのフルプレゼンスVR

設計や製造などのエンジニアリング、プレゼン、学習など多岐にわたり活用可能なVR。ブースでは設計ツールを用いて3次元データをVR空間で体験いただきます。

※ 無料の展示となります。(要展示会事前登録。事前登録無しの場合、当日入場料が必要になります。)

※ 混雑時は体験できない場合があります。

Map

Premium Sessionは白鳥ホール、Sponsors Session、JVRS Show Caseはイベントホールで開催します。Sponsors Sessionは、12:00〜12:40のセッションを入り口から左側のD会場で、16:00〜16:40のセッションを入り口から右側のA会場で開催します。JVRS Show Caseは、入り口から入り突き当たりのブース番号801〜804で展示します。

Sponsors

HTC Corporation

株式会社アルファコード(旧 株式会社UEIソリューションズ)

Unity Technologies

豊田ハイシステム株式会社

ポノス株式会社

森ビル株式会社

Media Partners

CNET Japan

TechWave

日経テクノロジーオンライン

日経ものづくり

Panora VR

ファミ通.com

VR Inside

マイナビニュース

Mogura VR

MONOist

ITpro

※ 順不同

主催

グリー株式会社

一般社団法人VRコンソーシアム

共催

日経BP